家出した子供を掲示板やネットで探したい

家出した子供をインターネットのSNSサイトで探す為のポイントや早期発見の為に親が把握しておくべき内容をお伝えしていきましょう。

 

神待ちサイトとは?

イメージ

神待ちサイトとは、家出中の少年少女が利用するサイトといわれています。つまり、家出や諸事情により住居が決まっていない少年少女が、インターネットの家出サイトやプロフィールを使用する事により、寝泊り出来る場所や食事を提供している相手を求めている事を目的としたサイトです。

 

更に、神待ちサイトの内容は、ほぼ出会い系サイトと内容は変わらない要素をもっている非出会い系サイトです。つまり、「無料で宿泊させてくれる相手を神と称して、相手側にとっても家出をしている少年少女を無償で助けてあげる」といった意図があります。

 

多様化するSNSサイト

「神待ちサイト」といった家出中の少年少女が使用するサイトも、SNSの普及により、同じ類のサイトが多様化しているのも現状です。その為、自分の子供が一体どのサイトに存在しているのか、分らないというのが一般的です。掲示板やSNSのネットで誰にも知られる事なく、自分の力で子供を捜したいというお気持ちもある事はお察ししますが、数え切れないほど多くのサイトに登録して探し出すという事は、至難の技であるといえるでしょう。

 

子供を掲示板やネットで捜すポイントとは?

家出若しくは、失踪中の子供を掲示板やネットで探すポイントとは、人探しに有力とされているSNSなどに登録して、連絡ツールを増やす事ではないでしょうか。しかし、最近ではSNSの普及により、数多く存在するサイトの中で子供がどこのSNSサイトに登録しているのか分らない場合は、保護者側が自力で探し出す事は困難だといえます。

 

その為、日頃から子供が夢中になっていたサイトや行動範囲などをよく把握しておく事が早期発見のポイントです。また、SNSサイトで子供を捜す事は、個人情報を公開してしまう危険性を孕んでいる可能性がありますので、安全で信頼出来る探偵事務所に相談を依頼する方が最善策といえるでしょう。